勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

トレード

スイングトレードは大きく取らなければいけない理由

投稿日:






スイングトレードをしていて20pip以内で利確してしまうようじゃ勝てないよ。

トレードスタイル大きく分けて3種類。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイング

この中ではスイングトレードが1番保有時間が長い。エントリーから決済までの時間は1日以上~1週間程度を指す。今月はなかなか美味しそうなチャートの形にならなかったから大きく狙いにいってしまったぜ。

大きく狙うなら獲得pipは欲張らないといけない。欲張らないと最後には勝てなくなる理由がある。

自然とコツコツドカンになるから

フロー
含み益が少なくなってきたー。我慢できねー利確やー。
相場様
アホやな。また1人・・・養分となったか。

これよこれ。

利確を我慢できないとトータルでは負けることになるよ。損切りは限界まで我慢できるけど利益はすぐに欲しい欲しいってなる。これをやめないとコツコツドカンになるのよね。

スイングトレードをしていたら自分がエントリーした値に何度も触りにくるのは当たり前のことよ。損切りになる場合も何度もエントリーした値に触りに来て何度も含み損が建値になるのを見ているはずよ。

 

ユロ円 1時間足
何度もエントリーした値に触りにきたやつ(早々に損切りした)

今回は損切りになったけどそのまま持っていれれば爆益になった。(持っていたらドカンと取れる)長期足の状況を把握できていれば6割以上では自分の思っていた方向にレートって動くでしょ。

長期足の状態を把握してエントリー。そしてホールド。これができないとスイングトレードする意味無し。スイング最大の利点を使えないから。気づいたら相場様に全てをさらわれることになる。要するに負けるのよ。

↑画像内では何度も赤線(エントリーしたレート)に触りにきている。1時間以上で大きく取ろうと思ったらこの動きは想定していないといけない。

 

短期ではいいエントリーでも長期足(1時間足以上)から見ると、『だから何っ』ってなる。↓画像ユロ円5分足の動き。含み益の後に損切りになったやつ。

 

ユロ円5分足

今回の負けの要因はエントリーは5分足でしているクセに利確幅は1時間以上の足を見ていたこと。利確を欲張ったこと。

 

スイングエントリーする場合は最初から1時間以上の足でエントリーしないと話にならない。もしくはエントリーは短期足でも『よし死ぬほど持ってやる』って事前に考えてないと含み損に耐えられなくなる。

だから5分足でエントリーしたなら5分足の値幅で決済しないと負けることになりやすい。それそーよね。1時間足からしたら大したレジサポに触ってないのだから、だからどーしたって感じで激しく上下するからね。

その動きに巻き込まれて損切りとなってしまう。最初から心の準備ができていないと損切りとなるのよね。

 

大きく取れた例 ドル円 1時間足

結果的には持っていたら大きく取れたやつね。途中含み損が40pip以上あって-10万近くまで到達した。でも長期足がチャンスの形をしていたので我慢のホールド。これ大事。

途中何度も利確しようとも思ったけど、それなら今回わざわざ大きく取れると思ってスイングトレードした意味(唯一のメリット)が無くなるので放置。

今回も自分がエントリーした赤線に何度もレートが触りにきていたのよ。なかなか1発でストレスなく上昇する時なんて無いってことかな。これは自分がヘタクソなのが要因かもしれんけど。

基本相場ってこういうものだと思っていた方が気が楽になるから最近はそう思うようにした。

 

ドル円15分足

この15分足だけ見ていたらとても含み損には耐えられない動き。しっかしいつもエントリーヘタクソやな。その後は含み損→含み益→建値→含み益→建値→やっと上昇→利確。

理想はスイングトレードでもエントリー後→即上昇→利確できたら最高。いつもこれを狙うべき。含み損が発生したら当然大きく損切りする可能性が出てくるから。

でもスイングトレードで理想的なエントリー→利確なんて片手で数えるぐらいしかできてない。そんなもんと思ってあきらめている。

 

経済指標のリスクがあるからその分大きく狙わないといけない

スイングトレードって何日もポジションを持っている状態。しかも売りより買いポジションが多くなる傾向にある。スワップポイントがあるから自然と買いの比率が高くなるのでしょう。

為替の歴史を見ても経済イベント時には全体的に通貨価値が上がるより通貨価値が下がる方が多い。

しかも下がる時は一気に下がる。だから突発的な経済指標や金融危機が起こった時には爆損する可能性が高くなる。これでは割に合わない。

だから取れる時には大きく取らないとトータルで沈むことになる。『スワップなんて関係ねー』って方は売りで長期保有したらいい。爆益の可能性が上がるべ。

 

大きく取るには最初から自分の思っていた方向にホールドすること

これよ。いつも長期の押し目や戻りゾーンで買いや売りや乱れ打ちした後に疲れきって静観してたらスーっと当初に自分が思っていた方向に進む。

乱れ打ちをせずに1回のみエントリーしてホールドするのも全然有りな選択肢よ。

無駄な戦いを回避することができるから。

 

ドル円過去チャート

  • 長期足(最低1時間足以上)を確認して買いか売りかどちらかに確率が高い時。
  • 中途半端に決済しない。
  • できれば買いより売りでポジを持つこと。

以上の条件を守れたら大きく取れやすくなる。

 

ちなみに買いか売りかどちらが優勢かはダウ理論+値動きの攻防で判断してる。この記事。

※関連記事ダウ理論で目線を固定するとトレードが楽

 

長期足の状況って簡単には変わらない。今まで買いが有利だったことが1時間後には売りが有利になることなんてない。だから考える時間がある。

ゆったり大きく取りたい人はスイングトレードしたらいいよ。

スイングなら月に10回もエントリーできないだろうけど。でも兼業で忙しいリーマンには有りな作戦かもしれんね。

 

PC 記事下 ダブル




PC 記事下 ダブル




  • この記事を書いた人

フロー

社畜になんてなってたまるかヽ(`Д´)ノ リーマントレーダーの35歳。 脱サラやー!

-トレード

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.