勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

手法

最も単純な手法 短期水平線でエントリー

投稿日:2015年10月23日 更新日:

単純なルールでエントリーして勝ちたい。あまり頭を使いたくない。誰しもが思うことよね。

単純なルールとは誰が見ても分かりやすいってこと。万人に使える手法のこと。

短期水平線のみでエントリーすればそれが可能となります。勝率と利幅は別として(そんなもんは相場のボラと長期の方向でいかようにも変化する)

最低限の勝率と値幅はありますよ。

短期水平線とは

これは自分の定義だけど、5分足と1分足で引ける水平線のことよ。別に1時間足以上で使っても問題ないけどトレードの回転率を上げるなら時間足を下げていくしかない。

なので自分は5分足以下にしてるだけ。

こんな感じのやつ↓
短期水平線

上記のような相場は滅多にないが基本的な考え方は直近の水平線が引けそうな値から押し目戻りを狙うってことだけ。

なので利食いは必然的に次の短期水平線の手前ですることとなります。何故利食いが次に短期水平線の手前かって・・・安全だからに決まってます。

相場って自分のエントリーしたポジが何処まで伸びるかなんて誰にもわからん。なので最低限伸びる可能性が高いところまで狙うだけ。

もしくはエントリーした箇所から5pip伸びたら利確すると決めてしまうこと。相場によっては次の水平線までもいかない時もあるので。

この利確のルールを曖昧にすると相場で迷子になる。自分の気持ちいい方に決めてしまったらいい。

次に損切り。これも利確と同じで短期水平線でエントリーしたならそこから5pip逆行したら切ったらいいだけ。
別に5pipにこだわりはない。自分の気持ちいいところを設定したらいいだけ。正解は無いから。
自分はドル円5分足トレードが多いので5pip程度は最低許容している。

今週の相場は5分足1分足レベルの水平線の値幅で利食い作戦でいった。

短期水平線が引けない相場は無い

手法って分かりやすくて再現性が高いものしか使わない方がいい。再現性がなかったら頭の切り替わりが少ないのでその手法で間違いを起こしやすいから。

その点短期線は全ての通貨、全ての時間足で出現するものですよ。なので毎日使える手法(毎日勝てるかは別問題(*´∀`*))

毎日使えるから自分の中でブレが少なくなってくる。よってトレードが安定してくる。損切りと利確も安定してくる。

ボラが高い時に5pip取る時。ボラが少ない時で同じ5pip取る時。時間の差があるだけで同じこと。

でもこれがドル円の場合だけど5分足レベルで8pip~20pip狙うなら訳が違ってきます。勝率がカクっと落ちます。

何故かってボラが無い時はドル円5分足では1波で8pip以上動かない場合が多いってから。っで、結果的に自分の損切りラインで切られたり建値で逃げたりするようになりがちです。

だから毎日安定して5pip以上狙える短期水平線手法をやればいいのかなと思っています。どんな相場でも安定するのかなと思ってます。

ボラが高いときは短期水平線からエントリー

次の水平線に触っても反応せず10pip以上の利幅が出る。

でも予定通り短期水平線や5pipで利確する。これでいい。安定しやすいから。

↓実際の相場

ドル円4時間
4zikann.png

ドル円1時間
11111doru.png

ドル円5分前半
5fnn doruj 1

ドル円5分後半
doruuukpuhann 2

豪円4時間
gouenn 4

豪円5分
gouennnn 5

1番上の画像みたいな綺麗な水平線ではないが短期決済を心がけました。まーなんと言いますか
エントリーして即利益が乗る。

もったいないと思うけど食う。

またエントリーして即利益食う。

結果的にめちゃくちゃ安定してるやないかってなる。 下手くそな危険ホールドもあってけど短期決済を心がけたから今回は黒字になりました。

短期水平線では急落に対して買いは最低

短期水平線で利確を心がけても急落時の買うのは自殺行為よ。 急落に対してバチン買い。死ぬほど勝率悪い。

今までの統計で勝率20パーセント程度です。5pip狙いのスキャルでもやめたほうがいい。

勝率が悪い理由は急落するってことは金持ちファンド等がお金を入れて下げているってこと。そしてその急落に対して初心者の買いが損切りされて可能性が高い。

初心者は感覚的に買いしかできない。あとスワップ狙いの人も多いから買い。そのポジが切られるの値が下がるのである。

でもこの手法は使えないわけではなくて状況を見て使えってことである。これはどんな手法でも同じだと思う。

rieeeej.png

短期水平線とは単純な基準でエントリーと利確ができるのが良い

↓の豪円トレードの画像でもありますが、エントリーして数分で単純な目標で利確するだけ

環境認識 豪円4時間
gouenn 44444

豪円5分前半
gpi 5 zennhann

豪円1分後半
gpiemm kouhann

別に難しくはない。分かりやすい1分5分レベルの水平線で利確するだけ。ポイントは欲張らずに1分の優位性でエントリーしているなら1分の目標で利確することである。

これ重要。メチャクチャ重要

自分も含めてできてない人が多いと思う。ついついもっと上の水平線までいくんじゃないヽ(・∀・)ノって思いますからね。

特に兼業トレーダーの人は仕事からトレーダーに切り替わるのにどうしても時間がかかる。そんな時に余計なトレードをして敗戦からスタートしてしまう。

よくあるでしょ?そんなことに極力ならないように簡単な基準を決める。それが短期水平線手法でいいと思う。

我々個人投資家にできることは
①反応する確率が高いところでいかに入るか
②浅く損切りをするか(チャンスの時には深く損切りでもしゃあない)しかない。

単純な目標であるほどそのルールに従い易い。だから短期水平線スキャルでいいと思う。損切りも限定できる。

時間がなくても1分足ではトレードチャンスも1日に2~3回はある。数回して10pip取れたら十分よね。

短期水平線手法の勝率を上げる方法

これは当たり前だけど長期足の方向を確認をすること。長期足(4時間足以上)

長期買い優勢の時は短期水平線で買い狙い。

長期売り優勢の時は短期水平線で売り狙い。

これをするしかない。味方の時間足は多い方がいい。

↓長期を確認して短期水平線で入るべき箇所(買いの場合)

水色水平線のダウ理論の戻り高値を上抜けた(4時間足レベル)のであとは短期で入れる箇所を探っていくだけ。

黄色○が短期足(1時間足以下)でも買い優勢の箇所なので、そこで1分足5分足の短期水平線買いをしまくればいい。

いつまでできるのかというと負けるまでやるべきよ。もしくは誰がみても分かるレジスタンスゾーンの当たるまではするべきである。

手法は単純な程いい。複雑だとチャンスが少ないからどうしてもルール違反をしがちになるから。そこから大きく崩れる要因になる。

簡単な短期水平線ではそれが起こりにくいので結果的にルールを守りやすい。→結果利益を積み上げやすいのである。

rieki1_20151030222000f54.png

rieki2_20151030222001a4b.png

  • この記事を書いた人

フロー

社畜になんてなってたまるかヽ(`Д´)ノ リーマントレーダーの35歳。 脱サラやー!

-手法

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.