勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

手法

普段のトレードより簡単に取れるやり方

投稿日:2016年1月24日 更新日:

普通のトレードでは勝ったり負けたりの繰り返し。週末に自分で反省会を開いてみても何故安定して勝てないかさっぱり分からない。

でも、後からよーく自分のトレードを振り返ると、自分だけの手法として結果的に安定して簡単に取れているやり方(手法)があるのよ。

気づいてないだけでね。自分だけの手法は大事よ。自分だけの数あるエントリーの中から生まれるやり方は最終的に違和感が無くなるからいい。

今週は自分の中ではドル円とユロドルで比較的簡単に取れているところがあった。数的には2つ。

サポ無し後の2回目の売りから下落のパターン

ドル円環境認識(4時間以上の足で相場を見ること)

ドル円4時間
4zikannnnnsksksn.png

月曜日から完全に売りの流れ。しかし木曜の残り2日から完全に下降から上昇に転換した動き。

ドル円1時間
1zikannskdoru.png

1時間足は分かりやすい動きよね。下落~の上昇の転換。

ドル円1分(サポ無し後に2回目の売りから落ちるやつ)
1funnugokiki.png

 

※上画像1分足。長期足の形に影響なく使えるやつよ。サポートが無くなった状況からの2回目の売りから下落するパターンのやつ。

自分の中では簡単に安全に取れるやり方の部類に入る。

動き的には直近の押し安値を下抜けた後に短期の上昇トレンド発生、その後その上昇トレンドを下抜けたら売っていくやつです。

出現頻度も週数回はあるかな。ポイントは直近の押し安値を下抜けた後に更に長期の足を確認して(1時間足など)みてサポート(長期水平線など)が明らかに無い状況で行うこと

今回はちょうど急騰していたから(急騰したので値動きの攻防がなくサポとしては弱い)更に売りやすい状況となっていた。

※この考え方は長期がどのような形でも不思議と機能して使えるのがいいことろ。

だましの後のエントリー

ユロドル5分
yurodoru 5guygygygy

このやり方もダマシの考え方に慣れてくれば比較的簡単に使える手法でしょう。

状況説明としては。

長期的には1番左の上昇がレジの青帯を抜けてない。よって売り目線。(上昇がレジスタンスされている)
②短期的に値動きの攻防ゾーンの青帯(買いのサポート)に触った後に短期転換上昇した。
③その転換上昇に対する押し目買いが勢いなく失敗しそうになった。(連続で陽線が発生しない等)
④長期は売り目線+短期も買いが失敗そうなので売りでエントリーしていく。
⑤短期売りが勝った後の戻り売りもできる状況。

1番のポイントは、短期転換上昇があったのにもかかわらずに買いが潰されたこと。(ダマシ)

買いと思っていた人があせるポイント。なので買いが失敗した後に値が戻ってきたら買い組の人は建値決済するか、傷が浅いうちに逃げるよね。

なので今回は売りの方向に値が動きやすいってこと。もちろん勝率100%なわけではない。でも70パーセントは超えているよ。

このダマシは形を変えて1週間に何回も発生してます。

※もう一つダマシ画像

このパターンは、ダマシの上昇後に戻り売りのチャンスなく下落していったやつ。

①長期の押し安値を下抜けた。(長期売り有利)
②短期で買いを誘う動きが出た。
③それが失敗して大下落発生。

出来上がったチャートを後から見ると、飛び乗り売りをしてもいいように見えてしまうがそれは微妙なのよね。

※関連記事飛び乗りすると5分以内に反転する

上のようにダマシ後に戻り売りのチャンスを待っていても入れないこともある。でもどうすることもできない。

もし売りで入って相場が反転たら大きな損切りをくらうことになる。損切り幅を安定させないと、いくら自分の手法で稼いでもそれ以上に相場に戻すことになるからやめようぜ。

長期+短期で売りだし、損切り覚悟でいけーって事前に覚悟してたら入ってもいいとは思うけど。

自分のトレードスタイルに合った手法でなければいけない

普段の相場より簡単に利益が出たなーなんて思うのは個人個人によって全然違う。人それぞれ単純だけど利益を上げれるやり方がある。

今回は2点上記のような手法を書いているけど、人によっては考え方が理解できないからとか、腑に落ちなないから使えないと思う人もいるでしょう。

結局FXのやり方(手法)って最後は自分が使っていて気持ち良かったら何でもいいと思う。自分のトレードスタイルに合ったシックリする手法。

気持ちのいい違和感のないエントリーばかりになってきたら月間ではきっと勝ち切っている。

手法ではないけど損切りの一つとってもそうよ。

①基準割ったら即損切りする人。
②基準割ったけど損切りしなくて値が比較的戻って来てから損切りする人。
③損が嫌だから絶対に建値まで我慢する人。

いろんなスタイルがある。③の人はいつか死ぬかもしれないけど。どのやり方も自分のトレードスタイルに合っていれば間違いでは無いと思う。

最終的に月間で勝っていればなんでもどんなやり方でもいい。

自分のトレードを記録から全てが始まる

簡単に利益を上げるやり方を見つけるには自分のトレードの記録から始まる。

①通貨は何か。(通貨によって動き方に特徴があるから)
②エントリーした箇所
③その時の長期と短期の環境認識
④エントリーした時の感情
⑤トレード枚数(自分のとって重い枚数かどうかも記入すること)

最低でもこれぐらいは記録しようぜ。その中からヒョッコリ自分だけの手法が顔をのぞかせているはず。

もちろん他人の手法を模倣して記録して、その中から自分に合ったエントリーに改良するのも全然いい。(他人の手法を完全に理解する必要があるけど)

どちらにしてもトレード記録をつけるところから全てが始まる。

  • この記事を書いた人

フロー

社畜になんてなってたまるかヽ(`Д´)ノ リーマントレーダーの35歳。 脱サラやー!

-手法

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.