勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

我慢するところ

利確するのと損切りで終わるのでは雲泥の差が出てくる理由

投稿日:2016年9月8日 更新日:

1トレードを5pipで利確するのと5pipの損切りで終わるのでは生涯成績にメチャクチャ差が出てくる。

 

短期に落とし込んでチャートの動きの予想もできた。

そして予想通りの動きをしてきたので短期でしっかりエントリー発動。

順調に利益がのってきて現在5pipの含み益。このトレードを利確で終わらせれるか損切りで終わるかで全てが変わって来る。

利確と損切りでは倍の差が生まれる

 

当たり前だけど例えば現在5pipの含み益ポジがあった場合、それを利確で終わらせるのと5pipの損切りで終わらせるのでは収支が10pip変わってくるよね。

以外とこれがデカイ。連続すると大変なことになってくる。メンタルへの負担も増していくし。それ以降のエントリーにも影響が出てくる。人間だからしょうがないけど。

それほど白文字か赤文字で終わるのでは少なくとも差があるのよね。

フロー
チクショー。なんで5pipで利確しなかったんや。おかげで5pipの損切りや。
相場様
連続損切りごときで心が揺れるならこの先は厳しいでー

 

分かっていてもお金が減るから気持ちいいワケがない。でも耐えるしかない。

 

↓今週の1分足 エントリーと利確(7pip程度)
最初1ふn

この時は単純に利確したけど直近安値まで狙っていたら損切りやった。何故利確したかは昼間だから。欧州時間以降なら直近安値まで狙ってたな。値動きが荒くなったら直近安値まで到達しやすくなるからね。

※関連記事

東京時間とロンドン時間とニューヨーク時間の比較

今回は7pip程度の利確で正解だった。・・・だった。持っていたら損切りよ。この違い。それは損切り青ゾーンを僅かに上抜かれていたからよ。

りえききききき

↓持っていたらこうなる。
あふんん2

この1トレードで10pip以上の差がついちゃうのよ。この事実がデカイ。こんなトレードが3~4回あったら週間50pip以上も差がつく。生涯資産に多大な影響が出るのよ。

含み益が損失に変わる理由

当たり前だけど含み益が含み損に変わるのが最大の要因よ。

その原因にはエントリーした後によく値が戻って来ることに問題がある。ありまくる。

せめて建値まで戻ってこなかったら利確で終われて損切りになることが少なくなる。よく5pip以上の含み益の後に損切りもしくは建値決済になるエントリーには特徴がある。

 

1回目の挑戦では値が動きにくい。2回目の挑戦からが本番

相場って1回の挑戦で直近戻り高値や押し安値を更新するとは全く限らない。もし1回目の挑戦で適当に利確しなかったら値が戻ってきて建値決済になってしまう。

5pip以上含み益があっても意味が無くなる。

だいたい1回目はダメでもう一度と押し安値を崩して2回目に挑戦で抜けていくことが多いのよね。

 

↓こんな場合ですな
3回目だよーー

1回目ではなかなか簡単にはトレンド発生しないことが多い。

簡単なダウ理論で判断して1回目の優位性が出た後にエントリーして毎回トレンド発生してたらFX簡単過ぎるわ。そんなことは少くねー。

 

どうしても2回目以降からトレンド発生の可能性が上がるのでしっかりチャートに張り付こうぜ。

 

もし1回目でどうしてもトレンド発生を狙いたい時は長期の目線が勝負有りの時を狙っていこう。(この場合は売り狙いなので1時間足以上で売りが優勢なゾーンのとこ)

※この売り優位性チャートは今週のチャートでは無い。アクマでもこんな感じのところを狙っていけば取りやすくなるってだけ。

長期足+短期足が売り有利になったところだけ狙っていく戦法よ。当たり前過ぎるけどこれが1番分かりやすくていいのよ。

 

ダマシが発生した後は1回目の挑戦で値が動きやすい

 

もしくはダマシが発生した後のファーストエントリーよ。

↓ダマシのやつ
だましのやつい

ダマシ手法はほんと勝率高いですよ。だから利確で終わることが増える。そしてその後のトレンド発生確率も普段の相場より高い。それは大衆をダマシているからよ。

損切りを巻き込んで大きな値動きが出る。

 

結局相場なんて順当にセオリー通りになんていかねー。そんなの全体の3割ぐらいやろってな感じで捉えてますな。なのでダマシや長期の優位性を使わなかったら建値に戻ってくるなんて当然ぐらいに思った方がいい。

ただ、よーく建値に戻ってくるのは少しの優位性の1回目のエントリーを頻発している人だから意識してみたら成績が変わって来はずよ。

含み益→損切りさえしなければFXはなんとかなる

極論を言ってしまえばこうなる。

自分がゾーンに1番浅いところでエントリーしている意識があって含み損に耐える覚悟がある場合。

 

これは想定してその通りに逆行して来た時は覚悟ができているんで耐え切って持ち切り易いし、損切りになった時もやっぱりね(´・ω・`)ってなるのでメンタルの負担も少ない。(※1回目の挑戦で持ち切るってこと)

↓ゾーンのやつ
4このんjsjsks

 

どうしてもトレード時間が限られている時は、かなりヘタクソにはなるけどゾーンの把握が出来ていたら1回目の売りを持ちきってしまうのも一つの手段よ。

早いやつで売りで入って(青ゾーンが発生した後の赤矢印で売りエントリーした場合)含み益の後に大きな含み損だけど売りゾーンの把握と浅いエントリーをしていると最初から思っている認識なので精神が耐えやすい。持ちきれば利益になる。

途中で逃げると利確が損失に変わって生涯成績に雲泥の差が出てくる。※ただし最低条件として長期足の認識は最低限していないと利確が損切りに変わる。

毎回利確なんてできないけどメンタル崩壊さえしなければ何とかなる

エントリーして含み益が出たらできるだけ利確で終わらせる。

エントリーして直ぐに含み損になれば微損で逃げ切る。

この当たり前なことを当たり前に毎回できたら完全に上級者。毎回できたらね・・・おではできねーけど。できたら山盛りゼニ持ってるわね。

重要なのは連続して含み益→損切りが発生した後のトレードよ。メンタル崩壊の階段を登るキッカケになるからそれだけはやめよう。それさえしなかったら月間大してお金増えないけど何とかなってくる。

ちなみに含み益が出るエントリーは瞬間的にはそのエントリーは間違ってない。普通に正解。キミは正しい。ならその含み益を利確したらいいだけよ

言葉では簡単やなーw。

  • この記事を書いた人

フロー

社畜になんてなってたまるかヽ(`Д´)ノ リーマントレーダーの35歳。 脱サラやー!

-我慢するところ

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.