勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

トレード

FX 買いより売りが儲かる理由

投稿日:2018年1月28日 更新日:

例えば買いエントリーの場合。

※通貨ペア=ドル円としたら。

1時間チャートを監視してやっとこさ10pip取れる・・・。負けることも多々ある。

でも売りの場合は違う。

 

※ドル円チャート 時間足は適当に4時間足

買いのローソク足より売りの方が足が長いべ。《゚Д゚》

よって売りでエントリーしたら15分足の監視でもアッサリ10pip以上取れることが多い。

これは何故か。自分の手法が売り相場に合っている理由の他に別の理由がある。

 

FX初心者のポジションを刈るから売りは値幅がある

FX初心者は買いしかできない。

生活の中で物を売るより買うことの方が圧倒的に多いからでしょうな。

売りで入るなんてことは最初の頃は考えられない。自分もそうだったから分かる。それで素人の買いを損切りさせて相場が急角度で下に動いていくのよね。

だから結果的に買いより売りが値幅がある。なので売りで入りさえすれば儲かるのである。

もし買いと売り両方狙える場面では(反応取りも含める)売りだけを狙っていけばいい。買いの反応取りも取って本命の売りも乗るっては難しい。少なくとも自分には厳しい。

精神が疲れる割には対して儲からない。もし反応取りの買い狙いでサクっと負けたら本命の売りの前に戦いのゴングが鳴るから調子がわるい。

実際の売りだけのトレード

 

長期足の確認。4時間足だけ見れば飛び乗りの売りに見えてしまう。でも5分足まで解体したら入れる箇所が出てくるのよね。

ドル円4時間
4時間ドル円

後から見たら大下落しているが事前に予想なんてできない。でもまーやっぱり買いのローソク足より売りのローソク足の方が長いな。

 

1時間
1時間足 ドル

 

1時間足だけで見ても売りではとても入れないようなチャートだけど5分足なら全然入れる箇所がある。これが短期足を使うメリット。ボラが高い時は1分足でも波を打っているので十分入れる。

5分-1
5分1

※黄色矢印が売り。
✔が決済。

①1回目の売り最初はチャートを見てなくてIFD-OCOを仕掛けて見事狩りとられた。指値まであと2pipだったのに。ちょっと悔しい。でも見てないから自分がわりー。

②2回目は下がりそうだから入っただけ。売りなら飛び乗りで入っても買いよりは値が走るから助かる。

③3回目は売りで2発入っている。超短期の水平線でピタっと止まったので『こらー下がるな』ってことで直ぐに売り増し発動。利確した後に倍以上下がるのはいつものこと。

 

ドル円 5分-2
5分2

 

①1回目の売り。左の短期買いが死んだゾーンなのでここは反応あるだろうってところで売り。直前で同じようなレートから売りが入っているそれが捲り返されているので良いエントリーではないが売りなら勝率が高いから何とかなる。

フロー
バチンで入った時は買いより売りの方が値動きがあるので結果だけで見れば確率は高くなる。

過去に1時間足だけど買い売りの検証をしとります。

※関連記事1時間足の押し目買い

※関連記事1時間足の戻り売り

検証結果は買いより売りの方が1回の反応量が大きい。だから頭使わずにバチン売りでエントリーしまくっても勝ちやすいのよ。

長期足が売りの方向なら寝ずにトレードしようぜ

自分は夜中までなかなかトレードできないが連勝している時は限界までトレードするべきよ。更にそれが売り相場の場合はなおさらエントリーしまくろうぜ。

買い相場ならクソみたいに苦労して1週間に10pipも取れない時もあるから。

取り易い時に取ること。取れる時に取っておくって言葉あるけどFXってその通りだと思う。ただしアクマで取りやすそうな相場で多数エントリーするということ。

 

売り相場のボラはほんと大事よ。これは今まであまり考えてこなかった事だけど去年の10月後半から1月初めまでのドル円のクソ小さい値動きを見てるので最近なおさらそう思うようになってきた。

売り相場なら1トレードで20pip狙える相場は多い。ドル円でも狙える。ポンド円なら倍の1トレード40pipも取りやすいでしょうな。怖くてできんけど。《゚Д゚》

 

昔は『自分は特別だから最終的には買いでも売りでも好きな時間に稼げる』と思っていたのよ。でも最近気づいたのよ。どうも違うってことに。自分が考えている以上のFXは凶悪な金融商品だったのよ。

だから取れそうな時に取る。そのためには売り相場で限界まで売りのみでエントリーすること。この考えに行き着いたのよね。

 

いつでも売りを狙いたいが買いをしなければいけない場面

 

結論はエントリーは売りだけにしとけである。

ただしそんな都合のいいチャート形成は現実問題としてはあまり無い。例えばドル円日足だけ見れば。

ドル円日足
無題

 

今現状は青のレンジの下限付近なのよ。日足だけ見れば売り相場が買い相場に転換するかもしれない。なので売りは控えるべき。買いも控えるべき。当たり前すぎけど上がるとは限らないからよね。

でも・・・である。上がるとしたらこのあたりからである。サクっと買って放置していれば爆益の可能性がある。底で買える場面でもある。ここがFXの難しいところよ。買いでも売りよりは時間はかかるけど爆益になる場面がある。

でもエントリー回数が減っても安定を目指すならレンジが下にブレイクした後に売りだけでついていくのが正解よ。

理由は上で散々書いてるけど買い相場より売り相場が利益を取りやすいからである。

rieki_2018012808465808d.png

  • この記事を書いた人

フロー

FX歴6年以上。社畜になんてなってたまるか (`Д´) リーマントレーダーの36歳。 脱サラやー! 情報を共有して勝とうぜ。ツイッターでもつぶやいてます。

-トレード

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.