勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

反省しかない

月に10万以上負ける行動

投稿日:2018年3月31日 更新日:

月に初めはいつも思う。

今月はルール通りトレードしたら普通に勝てるだろう。

今までの経験もあるし自分なら普通に利益を積み上げれるだろう・・・。

いつも思う。

そうはならんのがFX。

簡単に負けれるのがFX。

月に10万以上負けるのなんて簡単よ。

損失1
損失2

10万以上負ける行動とは

方向感が無い時にエントリーしたら負ける

自分の手法では長期足が買いか売りかを判断できる時にトレードをすると勝率が上がる手法なのよ。

なので長期が上か下か不明な場合はトレードを控えようとは努力はしている。

してはいるが1ヶ月間全くトレードしないと経験も積めないまま何もしていないことになってしまう。

気付いたらジジイになっちまう。だから少しでも優位性が発生したらどうしてもトレードしてしまう。

※負けエントリー画像 ドル円日足
日足

週足のネックラインに当たってからは上か下かは誰にも分からない。少なくとも自分には分からない。

だからこんな時には極力トレードを避けた方がいい。負けなければお金減らないからメンタルも削られない。

でもトレードしてしまう。これが月に何万も負ける原因の一つ。エントリーやめられないわー。

ドル円 1時間足
1時間足

※黄色矢印↑向きが買いエントリー。↓向きが売りエントリー。

こう見るとエントリー箇所って値動きの波に対して先端で多くしてるなー。だから負けてるんかなと思う。

先端でのエントリーなので、1番近くの利益目標である直近高値安値がないのでついつい長期のものすごく上か下に行くんじゃないか欲望に負けてしまう。

何連敗もした時やFX以外でストレスが溜まっている時にはこの状態になりやすい。でもこれを制御できないと勝てるはずがないべ。

ブレイク狙いか押し目戻り狙いかを明確にしていないと負ける

1分足前半

レジスタンスゾーン抜けや、ここを抜けたら大きく動くかもしれないゾーンの抜けを取れたら大きい・・・。

要するにブレイク狙いのエントリー。画像の最初のエントリー普通に失敗したわ。大きく下落すると思っていたのよ。

厳密には直近安値で利食いしていればナイスエントリーだった。確かにどんどん下に抜けていく可能性もあったかもしれない。

理由は直前に大きく買いが入ってそれがほぼ全戻しになる箇所だったんで買いの上振りがあった後(直近の戻り高値も上抜いている)に下抜け。

お決まりのダマシのパターン。エントリーしたけど利食いをできなかった。欲に負けた決済箇所・・・。

普段の押し目戻りエントリーの利食い目標になってた。後から見たらそらー負けて当然だったわと思える。

一度も含み益にならずにレートがフラフラし出したら逃げないと負ける

上画像に最後のエントリー(買い2発)だけど、エントリーした後に一度も白文字(含み益のこと)になってないのよ。

その後レートが上下にしだしたら不穏な空気になる。

少なくとも勝つエントリーの時は、エントリーした瞬間から自分の思っていた方向にビクって動く。一言で言えば反応がいい。

それが無いってことはもうこの時点で黄色信号。その後自分のエントリーした箇所がレジになって下がり出した。これで赤信号。

この時点で逃げない損切りになる。何pip逆行したら損切りすると、決め打ちするのもいいがこの場合は即撤退が正解やったわー。

エントリーに自信がある時ほど損切りは浅くしないと負ける

5分中

これはいつかの記事でも書いたけど、自分が鉄板エントリーと思っている時ほど大きな負けの要因となる。

今回もこれで強烈に負けた。10万・・・正直キツイ・・・。普通に1ヶ月分以上の利益を1トレードで失う。これだけは絶対やったらアカン行動。

自信がある時ほどタイトに損切りしないといかん。エントリーに自信があるってことは他のトレーダーもそう思っているってこと。

もしその場面で金持ちトレーダーが逆方向に仕掛けてきたら、損切りを巻き込んで大きく動くポイントになるってことを分かっている。

画面左の超下落の勢い。直近のA字の売り。この時の長期の形・・・等々。自分の中では間違いないって思ってしもた。

突発的な値動きで負ける時もある

5分後半

買いエントリー箇所はやや早かったけど上の水平線までは到達するとタカをくくってたのよ。

やや+域になった瞬間に爆下げにより瞬殺。こんな時はしゃーないと思うしかない。1分足を確認しても逃げる間もない時もある。

以上が10万以上負けた行動集よ。損切りを躊躇した時が1番大きく負けているね。

逆に10万以上勝てる行動とは

長期足に目線の固定が出来た時は勝てる

後半の後半

超基本的な勝てる行動よね。短期足だけじゃなくて何のために長期足(4時間足以上)のチャートを見てるのってことよね。

その優位性を使おう。

画像中の青ゾーンは深夜のFOMC。そこで直近高値を上抜けたのにもかかわらずに全戻ししたので長期売り目線に固定。

上がろうとしてダメだった→次は売りの番やねってなる。その後は売りで少々取り返して終了。

負ける行動の逆をしたら勝てる

月に10万以上勝てる行動の答えはもう出てる。負ける行動の逆をすればいい。

①方向感が無い時にエントリーしたら負ける。
この場合は長期足の向きが判断できなかったらエントリーしなかったらいいだけなので簡単である。
局地的に限定して5分長期足とし、1分を短期足にしてスキャルでエントリーするのも選択肢としてはある。

②ブレイク狙いか押し目戻り狙いかを明確にしていないと負ける。
これはエントリー前に今はブレイク狙いか、押し目戻り狙いかをキッチリ認識していたら比較的防げるはず。
ブレイク狙い時では必ずある程度伸びたら利食いすること。

ある程度が分からなかったら1分足を見てエントリーしたら多くても7~8pip。
5分足を見てエントリーしたら多くても15pip。
とか自分で決めてしまったらいい。明確な正解は無い。

③一度も含み益にならずにレートがフラフラし出したら逃げないと負ける。
エントリーして即含み損爆進した時点で即損切ることが重要。あ・・・これあかんわって思うエントリーってあるでしょ。
できる限り即切ること。もし間に合わなかった場合でも、しっかり押し目でエントリーできていれば平均2回はレートが戻ってくるのでその時には必ず逃げようぜ。

まとめたら負けるべくして負けている。それ以外に無い。

いつも大きな損失を出す時はルール違反をした時だけ。文章にしたら簡単に正せそうだが実際にはトレード期間が空いたりするとなかなか実行できのよね。

トレード期間が空いた時はいつもの枚数の半分でエントリーしよう。

  • この記事を書いた人

フロー

FX歴6年以上。社畜になんてなってたまるか (`Д´) リーマントレーダーの36歳。 脱サラやー! 情報を共有して勝とうぜ。ツイッターでもつぶやいてます。

-反省しかない

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.