勝てる手法や勝率の高いダマシのエントリーを公開中

FX部屋

手法

ダウ理論で優位性を確認してダマシが発生した後がチャンス

投稿日:2018年4月22日 更新日:

エントリーするってことは自分の中では勝てる根拠があるってこと。

自分はダウ理論で優位性を確認して買いか売りかを限定させて細かな足に落とし込んでいっている。

その後に短期でダマシが発生した後が熱いエントリーゾーンとなる。

ダウ理論とは

簡単にいうと直近の戻り高値を超えたら買い有利とした買い目線となる。
直近の押し安値を下抜けたら売り有利として売り目線となるってこと。
メチャクチャ単純な方式。

買いの例だけだけど水色の戻り高値のラインを超えたら、その後は買い優勢となり基本的には買いを狙っていけってこと。基本的には目線はダウ理論で考えていくことになる。

もっと細かくエントリー箇所を明確にできる方法がある。激アツの買い優勢ゾーン。それはダマシの後である。

ダマシが何回発生したら その後は絶対上にいくわけではないが熱い

今週はドル円で丁度上記のようなダウ理論で長期買い優勢を確認できる相場で、なおかつダマシが2回発生した後にチャンスがあった。
ドル日足

日足は戻り高値を超えている状況なので買い優勢である。珍しく目線が買いに変更してから階段上昇している。珍しい

ドル円1時間

ここで1時間足のダウ理論も買い目線が確認できる。この画像では黄色矢印から右側では1度も目線が崩れていない。当然ずっと買いを狙うのがセオリーとなる相場である。

もう一つ買い目線となる重要なことがある。ロウソク足の長さである。今までのロウソク足の長さとは明らかに違うロウソク足の長さが連続で確認できたらチャンスである。

上記の画像では黄色矢印の強烈な上昇が確認できるでしょ。買いスイッチONの状態→これからはしばらくは少なくとも売りはないよーってな状況。
ドル円5分足 4月17日よりー

今週1発目のエントリーは5分足の戻り高値を超えたので買いエントリーで負け。上記の青帯は短期的な買いを失敗させたゾーンなので、そこに当たって(レジされて)落ちてきてるのは気にはなっていたが、長期は買いなのでかまわず買いを発注で負け。

2回目のエントリーは短期勢いのある動き(水色の矢印の上昇)になったので少しの戻りで買いエントリーで利確。利確後倍以上順行するのはいつものことやー。

5分足ー2

再び5分足で戻り高値を超えたので買いをエントリーできる場所を探していた。そしたら買いが2回も失敗しやがりましたよ。ダマシ発生→激アツってことで2回買いエントリー。

ちなみにダマシとは買いが失敗する→短期的に売りができる状況のことである。

↓画像が買いを誘った動き

直近高値を上回る上昇(水色矢印)が発生した→買いが期待できる状況→それが潰れた→短期的には売りができる→更にその売りが買いにまくられた→再び買いの番や→このサイクルが2回発生してる。
なので水色矢印2回の後は激アツの買いゾーンである。

最後の買いエントリーは損切りしたら爆上げしやがった。まーいつものことやね。

ダマシは2回発生したら行ってよし

ダウ理論で目線を固定してダマシを確認する。ダマシ回数が増えるごとにブレイクの動きの期待度が高まっていく。回数は2回確認できたらお腹いっぱいである。激アツである。

その後は適当にエントリーしてもまあ勝てる。ダマシの利点はブレイクした時にはなかなか激しい動きとなることが多い。損切りを多く巻き込んで値が動くから当然か。

それが2回、3回と続けばますますブレイクした後は激しく動く。

問題はダマシの動きにだまされないことである。でも大丈夫である。相場って本当に強いトレンドが出ている時以外は基本的に綺麗な動きで上昇や下降が継続していくことはほとんどない。

それが分かっているのだからダマシを誘う動きの1回目は見送ることができる。2回目のダマシにはだまされてもしかたがないので割り切ってエントリーできる。

全てを見切ることは100%不可能なのでトータルで勝てたらいいと思うことで2回目のダマシに負けてもメンタルは揺ぎにくくなる。これは全ての負けエントリーにいえることでもあると思うけど。

ダウ理論で優位性を確認できなければエントリーしないこと

昔はよーくしてたことだけど、ダウ理論で長期優位性が確認できなければ買いも売りもしないこと。指をくわえて見てるだけが1番いい。余計なことをしたらまー不思議なもんでほぼ10割負けるからである。

せめて最低でもダウ理論を1時間足で見て買いか売りかを確認できてからどうするかを決めたらいい。
日足、4時間足、1時間足の目線が揃っていることはなかなか無いがせめて1時間足を味方につけてから5分足などの短期に落とし込んでいきダマシを確認してトレードしていけばヒドイことにはならんよ。

  • この記事を書いた人

フロー

社畜になんてなってたまるかヽ(`Д´)ノ リーマントレーダーの35歳。 脱サラやー!

-手法

Copyright© FX部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.